カテゴリー別アーカイブ: メモ

cygwinのプロンプトを変える

cygwinを入れて、WindowsにSSH接続できるようにしてみたりしていたら気づいた。

なんか変…?

cygwinデフォルトのプロンプト

cygwinデフォルトのプロンプト

この部分がいつも使っているLinuxのプロンプトとちょっと違います

スクリーンショット 2014-07-01 18.27.05_

そこで、プロンプトを設定する環境変数PS1のなかみをチェック

$ echo $PS1
\[\e]0;\w\a\]\n\[\e[32m\]\u@\h \[\e[33m\]\w\[\e[0m\]\n\$

長い…

さっそくGoogle先生に聞いてみると、RedHat系ではプロンプトを設定する変数は

PS1='[\u@\h \W]\$'

に設定されているようです。

bashを使っているので、bashに関する設定ファイルを編集すれば良い模様。
Cygwinのディレクトリ中にある /etc/bash.bashrc を編集します。

↓ 色がついている行が変更箇所。

ターミナルを開きなおしてみると…

変更後のcygwinプロンプト

変更後のcygwinプロンプト

うまくいきました!

Fedora20でsamba共有するときのメモ

sambaのインストール

# yum install samba

全ユーザがアクセスできる共有ディレクトリの作成

# mkdir /home/share
# chmod 777 /home/share

smb.confの設定

# vi /etc/samba/smb.conf

SELinux有効の場合は、以下を実行しておく

# setsebool -P samba_domain_controller on
# setsebool -P samba_enable_home_dirs on
# setsebool -P samba_export_all_rw on

firewallの設定

# firewall-cmd --add-port=137/udp --permanent
# firewall-cmd --add-port=138/udp --permanent
# firewall-cmd --add-port=139/tcp --permanent
# firewall-cmd --add-port=445/tcp --permanent

ユーザごとに、samba用のパスワードを設定

# smbpasswd -a ユーザ名
New SMB password: パスワードを入力(画面には何も表示されない)
Retype new SMB password: もう一度
Added user ユーザ名.

sambaをサービスとして登録、起動

# systemctl enable smb.service
# systemctl enable nmb.service
# systemctl start smb.service
# systemctl start nmb.service

これで、Windowsからアクセスできるようになるはず…!

フォルダ内に簡単にメッセージを残すためのアイディア

ファイルの整理、得意ですか?
私は苦手です。

そこで使っているのが以下のスクリプト。
と言っても、
入力したメッセージをファイル名にもつ
空のファイルを作る機能しかありませんが…

VBScriptを使っているためWindows限定で動作します。
やり方は簡単!
以下のスクリプトを、拡張子をvbsとして保存し、ダブルクリックで起動するだけでOKです。

これを起動すると
入力するメッセージを尋ねられ…
inputbox

このように保存されます!
msg_result

これをディレクトリに置いておいて、忘れそうな事柄をメモしておくと便利かも?

学内のLinuxに接続する方法まとめ

どうやら学内の情報基盤が一新されたらしい。

そこで新しいもの好きの筆者はさっそく調査に乗り出したのだった…!

新しいシステムはVMware Viewを使い、Sumsungのゼロクライアントからクラウド上の仮想マシンにアクセスする方式のようだ。処理はクライアント上ではなく、すべてクラウドサーバ上で行われたものが配信される形なので非常に高スペックで堅牢。操作するたびに処理が止まっていた以前のシステムとは比較にならない。

仮想マシンのOSはWindows7 Enterprise。また、従来はWindowsとデュアルブート構成になっていたLinux環境も一新され、XmingまたはTeraTerm経由でRed Hat Enterprise Linux 6を使用する。ということは、従来のように専用PCを使わなくても、ネットワークから直接サーバにアクセスして利用できるのでは?

この疑問を解消、そして便利な環境を最大限活用することを目指し、試行錯誤してみた。

続きはRead Moreで(-ω☆)キラリ

続きを読む

Google Appsを試してみた

せっかくドメインとったので、Google Appsなるものに登録してみた。

Google Appsは、独自ドメインを使って無償でGoogleの各種サービスが利用可能になるというもの。常時稼働させる必要があるメールサーバーを立てなくても、Gmailサーバーとインターフェイスを用いた安全で便利なメール環境が得られるのはかなりの利点だと思う。

続きを読む