Fedora20でsamba共有するときのメモ

sambaのインストール

# yum install samba

全ユーザがアクセスできる共有ディレクトリの作成

# mkdir /home/share
# chmod 777 /home/share

smb.confの設定

# vi /etc/samba/smb.conf

SELinux有効の場合は、以下を実行しておく

# setsebool -P samba_domain_controller on
# setsebool -P samba_enable_home_dirs on
# setsebool -P samba_export_all_rw on

firewallの設定

# firewall-cmd --add-port=137/udp --permanent
# firewall-cmd --add-port=138/udp --permanent
# firewall-cmd --add-port=139/tcp --permanent
# firewall-cmd --add-port=445/tcp --permanent

ユーザごとに、samba用のパスワードを設定

# smbpasswd -a ユーザ名
New SMB password: パスワードを入力(画面には何も表示されない)
Retype new SMB password: もう一度
Added user ユーザ名.

sambaをサービスとして登録、起動

# systemctl enable smb.service
# systemctl enable nmb.service
# systemctl start smb.service
# systemctl start nmb.service

これで、Windowsからアクセスできるようになるはず…!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。