KExKE氏との対談

Photo by Photostocker http://photo.v-colors.com/982.html

KExKE氏と対談してみました。


[2012/03/21 23:54:24] KExKE: 心を上手に投資する方法って本読んでみてよ
[2012/03/21 23:54:29] KExKE: おもしろいよ
[2012/03/21 23:54:33] Buu: ほうほう・・・・
[2012/03/21 23:54:54] KExKE: わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁxxxxxxxxx
[2012/03/21 23:55:03] Buu: にゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
[2012/03/21 23:55:27] KExKE: 来年度は頑張れるようにね~
[2012/03/21 23:55:48] KExKE: やる気の出る部屋作りを今してるのだけどね~
[2012/03/21 23:55:51] Buu: うんうん~
[2012/03/21 23:56:12] KExKE: やっぱり自分のこだわりぬいた部屋があればさ~
[2012/03/21 23:56:29] KExKE: 何事にも頑張れると思うんだよね~
[2012/03/21 23:56:41] KExKE: そしたらさ~
[2012/03/21 23:56:49] KExKE: wintolはさ~
[2012/03/21 23:57:28] KExKE: トリプルディスプレイ+マウントなんちゃらっていうのをとりいれるらしくてさ~
[2012/03/21 23:57:33] KExKE: orz
[2012/03/21 23:57:45] Buu: わわわわわわいいなああああああ!!!!
[2012/03/21 23:58:04] KExKE: とりま今ベッドソファーを探してます。
[2012/03/21 23:58:16] Buu: IKEAで?
[2012/03/21 23:58:46] KExKE: IKEAは取り合えず下見みたいのと価格調査に行ってきたb
[2012/03/21 23:59:02] KExKE: 新三郷とおいよ
[2012/03/21 23:59:31] Buu: がんばってるにゃー
[2012/03/21 23:59:38] Buu: 今日は東京にいってきたよ
[2012/03/21 23:59:50] KExKE: Dと?
[0:00:00] Buu: RとTも来たよw
[0:00:08] Buu: あとUDONも
[0:00:49] KExKE: 誘われてないorz
[0:01:08] KExKE: 主催者誰?
[0:01:28] Buu: 毎度おなじみD
[0:02:14] KExKE: まぁDのあげあしとってるから嫌われてもしゃーないなw
[0:02:46] Buu: いや、Dはそれが生きがいだからいいんさw 誘い方が下手なだけだよー
[0:03:05] Buu: もっと痛めつけてあげてください。
[0:03:28] KExKE: Dは自分の意見否定されるの嫌いなの知ってって否定してるからさぁw
[0:03:38] KExKE: Sなのかなw
[0:04:06] KExKE: 否定してるのあっしねw
[0:04:22] Buu: あぁねw いいんじゃないですか?
[0:04:43] KExKE:SINちゃんもね
[0:05:01] Buu: でたSINちゃんw
[0:05:18] KExKE: ライブ終わるまで誘ってもサークルって断られまくったからね~
[0:05:42] KExKE: ライブ終わって暇そうにしてても誘ってあげないのw
[0:06:21] Buu: そんなかんじなのねっw SIN様、サークル忙しそうだ
[0:06:36] KExKE: そぉ~なんだよ
[0:06:59] KExKE: でもサークル、バイトは情報面の中では言い訳
[0:07:06] KExKE: タブーなんだよ><
[0:07:56] Buu: ほうほう・・・それならWさんとか全然大丈夫そうだなw なんかバイトないとやることないって困ってたねw
[0:08:11] KExKE: そーだよ
[0:08:28] KExKE: Wは基本誘えば来るからb
[0:08:33] KExKE: いいやつ
[0:08:52] Buu: うぬw
[0:09:40] KExKE: いっそ忙しさ勝負して俺よりも忙しくない人は言い訳禁止とかにしてみれば面白いかもw
[0:10:32] Buu: まぁ、いいと思うけどw
[0:11:13] KExKE: バイトやって遊びして、飲み会して、勉強してとか大学生の基本でしょw
[0:11:20] KExKE: バイトの何が偉いんだかw
[0:12:15] KExKE: ある意味バイトによって学業がおろそかになってますと認めているようなものではなかろうか?いや、ある。
[0:12:48] Buu: 反語表現。
[0:13:03] KExKE: 昨日高校生に教えたw
[0:13:36] KExKE: きっとバランスと絶対値が大事なんだろうね
[0:14:19] Buu: さっすがせんせー そうなるだろうね、何事も・・・
[0:14:30] Buu: じゃないと、道を外れてしまいます
[0:14:49] Buu: 外すときはそれでもいいけど
[0:15:08] KExKE: だね
[0:15:33] KExKE: だから来年度からはバランスよく絶対値の底上げを図るためにも
[0:16:05] KExKE: 自室を完璧にすることでモチベーションを上げようという作戦なわけです
[0:16:22] KExKE: 気持ちのいい部屋だと勉強もはかどります
[0:16:37] KExKE: プログラムも何時間でもかけますb
[0:17:25] Buu: はい!アセンブラでもSIMD命令でもなんのそのですbb
[0:18:38] KExKE: こもってても快適な部屋はプログラマーには必需品です
[0:19:58] Buu: いま、画面1個でメモリーも低くてスラッシングも起こるし効率悪すぎるから、はやくバイトして画面数個とワークステーションを導入したいですな
[0:20:33] Buu: コードを読み書きしながらドキュメントをかいて、同時にデバッグするのはつらいw
[0:20:47] Buu: やはり3つは要ります
[0:20:57] KExKE: でしょ
[0:21:06] KExKE: ちなみにWは
[0:21:22] KExKE: ひとつ縦に使ってブラウザ専用にするようですw
[0:21:34] Buu: すばらしいですねw
[0:21:52] Buu: Matroxのグラボを導入しましょうww
[0:22:21] Buu: あれならグラボ1枚で最大16面ディスプレイいけるという代物
[0:22:32] KExKE: なんと
[0:22:45] KExKE: それはニート探偵できるね
[0:22:50] KExKE: アリスができるね
[0:22:56] Buu: ねw
[0:22:56] KExKE: わ^^^^^~
[0:23:47] Buu: メモリ不足は本当につらいものです・・・
[0:24:25] KExKE: 基本すごい奴ってこもってるよね
[0:25:21] Buu: ELのA先生とか・・・
[0:25:57] Buu: 世界中の研究者向けの物理学の専門書を英語で書いている人・・・
[0:26:17] KExKE: すっすげぇ
[0:26:39] Buu: 書き始めると、何週間も暗い部屋の片隅で作業しているそうですぜ
[0:26:53] KExKE: 色々すげー
[0:27:02] Buu: 授業もぶっ飛んでるという話
[0:27:21] KExKE: Wもさっき部屋に迎えに行ったら真っ暗闇の中で栄光の架け橋聞いてたw
[0:27:50] Buu: ああ・・・ぶっとんでるほどすごい人物の素質が見え隠れしている・・・
[0:28:05] KExKE: Iさんも・・・・
[0:28:11] KExKE: コエーーーーーーーー
[0:28:27] Buu: あの使い込んだThinkPadには一体何が詰まっているのか・・・!!!!
[0:29:18] KExKE: 哀と鬼謀と幽鬼かな
[0:29:44] Buu: あの御方、夕方の薄暗い時間帯に、たまにS前のベンチにThinkPad開いて座ってるんね・・・
[0:30:53] Buu: 精神的なパワーをPCに注ぎ込める環境なのだろうか・・・
[0:32:13] KExKE: 俺もPCにパワーを注ぎ込めるようになりたい
[0:33:11] Buu: 前日の夜から始めて、次の日の朝までひたすらコード書き続けてたりするとそんな気分に陥れるよ・・・w
[0:33:46] KExKE: 目が逝っちゃうねw
[0:35:56] Buu: シンポ前夜にそんなかんじの過ごし方しちゃったけど、なにをやらかしたのか、RAMドライブ上コーディングしてたのに完成したEXEだけDropboxに移してPC再起動してしまった・・・ソース消えた・・・ww あれは頭おかしかったな
[0:36:37] KExKE: 多分俺だったらふて寝するw
[0:37:39] Buu: ただ、1週間かけて完成しなかったプログラムが1晩で完成したという・・・
[0:37:54] KExKE: 本気ってすごい
[0:38:30] KExKE: やっぱりすべてに全力投球すればべんきょもあそびも充実するんだね
[0:39:08] Buu: つまり、いつでもその本気になれるような快適な環境づくりが重要になってくるのですな・・・
[0:39:34] KExKE: に行き着いたわけですw
[0:39:42] Buu: ○
[0:40:01] KExKE: 特にあっしの場合は環境はすごく作用するから
[0:40:40] Buu: うむ!
[0:41:54] Buu: たぶん、ロボコンも環境が大切なんだよね・・・
[0:42:20] Buu: どうにか常設作業場がとれないものか・・・
[0:43:07] KExKE: 環境→P科・・・に頼む?
[0:43:54] Buu: 住環境をデザインしていただいちゃう・・・?
[0:44:12] KExKE: センスなさげw
[0:44:42] KExKE: ねぇ~
[0:46:21] KExKE: 自分の人生の中でそれぞれ遊び、バイト、趣味、勉強・・・などの項目についての最大値を定めるじゃん
[0:46:58] Buu: うんうん
[0:48:09] KExKE: それで今日一日の生活における各項目をどれだけ頑張ったかを入力して
[0:48:52] KExKE: 最大値と比較して点数化およびバランスについて分析することが出来るシステムを作ったら
[0:49:08] KExKE: 日本人みんな頑張れるんじゃないかな
[0:50:59] Buu: うむう・・・
[0:52:53] Buu: テストの結果を踏まえて学校から出される成績って、そんなに好きな人いない、じゃん?たぶん。だから、それと同じで難しい気もする。日本人ってだいたい自己が評価されるのを避ける傾向にあると思うから・・・
[0:53:05] Buu: 逆に、成績評価があることによって
[0:53:29] Buu: ポテンシャルがあがる人も少なくないのは事実だけど・・・
[0:54:25] KExKE: 成績評価って感じよりも「限られた時間でいかに多くのことをなせたか」を知ってほしいかな
[0:55:04] Buu: スパンの違いか・・・ちょっとやって調べてみないとわかんないね
[0:56:26] KExKE: たとえばそれでガガと自分のを比較したときに「忙しい」とは言えなくなるんじゃないw
[0:56:33] KExKE: あとは
[0:56:45] Buu: にゃん
[0:57:04] KExKE: 人間って他人が充実している感じを受けると
[0:57:26] KExKE: 相対的にはそうでもないのに焦燥感を感じるよね
[0:57:38] Buu: いわゆる「リア充爆発」的な
[0:57:44] KExKE: そう
[0:58:44] KExKE: だからSNSなんかで垣間見る他人の充実感で焦ってる人は俺はかわいそうだと思うから
[0:59:53] KExKE: 実際のところは今日一日をどちらが充実して過ごしたかを知ることが出来れば
[1:00:02] KExKE: 結果によっては安心することもできるし
[1:00:33] KExKE: SNSをみて思ったこと通りだったら嘘だとは自分に言い訳が出来ないから
[1:00:59] KExKE: 相手に負けないように自分の1日を充実させようと明日を頑張るかなってw
[1:01:59] Buu: 焦ってる人・・・私ですww
[1:02:16] Buu: 確かにそうかもね・・・ちょっとした動力になるのかも
[1:02:20] Buu: 人それぞれだけど
[1:02:41] KExKE: 焦るよね、焦るよね!!
[1:03:06] KExKE: でもどこかで自分の方がと思ってしまう・・・
[1:03:14] KExKE: そして自己嫌悪に・・・・・・・
[1:03:16] KExKE: ってね
[1:03:34] Buu: 半ついったー依存症ですのでよく感じますぜw
[1:03:58] Buu: でも、その自己嫌悪の原因は自分だってわかってるから・・・まぁ時には負のループに。
[1:04:35] KExKE: でももし相対的にみたらその人よりも自分の方が充実していたと知ることが出来れば
[1:04:40] KExKE: 少し元気でるよね
[1:05:32] Buu: 一方では・・・・、だけど他方では・・・・!!!!って感じだね
[1:06:18] KExKE: そうそう相手は一日のうちの充実してた時間しかSNSには書き込まないからさ
[1:06:25] Buu: まぁそれでもうまくいかないときに、アルコールという存在があるわけなんでしょうが・・・w それ以外の回避法があればご教示いただきたい
[1:06:28] Buu: うむ
[1:06:39] Buu: そうだね
[1:06:50] KExKE: でね
[1:07:11] KExKE: そうとも知らず自分充実してるアピールをしてる人に
[1:07:21] KExKE: 私は自覚を促したいのです
[1:07:28] KExKE: 佐渡ですはい
[1:07:32] KExKE: w
[1:07:45] Buu: さ・・・さど・・・・・・!!!
[1:08:00] Buu: ほう、そしてそのソリューションとは
[1:09:06] KExKE: 「お前の充実したというあの一時は、俺の1日のうちのほんの一部でしかないんだよ。そんなことで、満ち足りる器なのかい?」ってね
[1:09:15] KExKE: てへ
[1:09:56] Buu: てへぺろ(・ω<) ってかんじねw
[1:10:02] Buu: そのためには、やはり行動ですか
[1:10:07] KExKE: そう
[1:10:33] KExKE: 人間は復讐、相手を見返すためにやたらと頑張るからさ
[1:10:41] KExKE: そいつに自覚させようと思ったら
[1:11:09] KExKE: 自分の方が圧倒的に充実しているという証拠と事実が必要
[1:11:18] Buu: うむ
[1:11:29] KExKE: そこで事実づくりに当人は頑張るわけで
[1:11:45] KExKE: こっちとしては証拠を提示してあげたい
[1:13:10] Buu: そこでSNSに代わる、というか増強したようなまったく新しい概念のシステムが必要、と
[1:13:17] KExKE: そう
[1:13:31] KExKE: 本来技術は人を幸福にしなければならないのに
[1:14:16] KExKE: 最近のSNSはみえの張り合いを感じる
[1:14:27] KExKE: そこをどうにかしたいと
[1:15:48] KExKE: 人間が判断すると偏見が生まれるけどコンピュータなら平等に評価してくれるでしょ
[1:16:07] Buu: ほむ
[1:16:33] Buu: 個人的にみくしーはそんなに好きじゃないから、結構わかりますね
[1:17:35] Buu: なぜついったーを続けているかといえば、正の感情も負の感情も平均的に感じられるメディアだから、という点もあるかも 最近ちょっと・・・だけど
[1:18:07] Buu: 結局その評価も現時点では人間、1個人の感情に依存するわけですし
[1:18:34] Buu: 確かに、平等に評価するなにかの概念が出現してもおかしくはないんじゃないですか
[1:19:33] KExKE: しかもその判断基準のもととなるのは自分たちの項目の最大値の平均とくれば否定のしようがない
[1:20:43] KExKE: 恐らくGがツイッター等を制限したのは自分が頑張っている現実に対して周りの局所てきな充実が見えて嫌だったからだとおもわれまする
[1:21:58] Buu: 周りが自分より頑張っている、充実しているという事実を覆い隠してしまいたかった、と
[1:22:10] Buu: しかし覆い隠したところでなくなるはずもありません・・・
[1:23:12] KExKE: 局所的なのを気づいてたんだけど、そこばっかり見せられたらみんながそんなに充実しているように錯覚してもしょうがないよね
[1:24:04] Buu: 私が最近みくしー見ないのも同じなのでしょう・・・
[1:24:10] Buu: そうなるね。
[1:24:15] KExKE: ですね
[1:24:18] KExKE: そこでね
[1:24:21] Buu: ええ
[1:24:59] KExKE: みんなが他人の充実に対して嫌悪感を抱くのかをちょっとしたミニテストをしたわけです。
[1:25:16] Buu: は、はい
[1:26:20] KExKE: 某SNSにおいて自分が充実してるアピールをしたとき、そうでないときのコメントを投降したときのコメント数を見てみますと
[1:26:40] KExKE: 圧倒的にそうでないときの方が多いですね
[1:26:50] Buu: ああ・・・やはり
[1:27:20] KExKE: さらにわかったことは、充実してるアピールをした時でも自分もその場にいたときにはコメントをして・・・
[1:28:11] KExKE: さらにそのコメントによって自分も充実してたんだよって便乗する輩も現れたわけでして
[1:29:03] Buu: [1:14] KExKE:<<< 最近のSNSはみえの張り合いを感じるこの表現に尽きます
[1:29:14] KExKE: そうですね
[1:29:26] KExKE: 私が特に主張したいのは
[1:29:55] KExKE: 「本気で頑張っている人間にこそ、SNSは毒になる」
[1:29:57] KExKE: ということであります
[1:30:06] Buu: はい
[1:31:27] Buu: 特に、“コメントする”という存在の強制が暗黙の了解になっている某SNSではその傾向が強い、のですね
[1:31:41] KExKE: そうですね。
[1:32:12] KExKE: コメントをしつつも、相手の充実を認めるのではなくて
[1:32:33] KExKE: 自分の充実をほのめかしながらコメントをするというね
[1:32:40] KExKE: 最悪だねw
[1:34:09] Buu: そう考えると、表向きは現代型コミュニケーションの最先端という位置にいながら、裏側では精神衛生上よろしくないものであるという結論にいたりますね。確かに
[1:34:23] Buu: 無意識なもんだけど
[1:34:33] KExKE: 毒です
[1:34:39] Buu: 人間の性なのでしょう・・・
[1:34:52] KExKE: 性悪説に準じます
[1:34:56] Buu: どうしてもね。
[1:35:08] KExKE: ここから発展してね
[1:35:12] Buu: うん
[1:35:33] KExKE: 世の男性の方がなんとなくこんなことを感じていることが多い気がするのですよ
[1:35:50] Buu: ほう・・・?
[1:36:07] KExKE: そう言う男性が増えると・・・・
[1:36:49] KExKE: 幸の薄い女性に需要が集まります
[1:37:15] KExKE: これは男女の立場を入れ替えても同じかと
[1:37:40] Buu: んー・・・
[1:37:58] KExKE: パートナーの幸福を望まないカップルが成立するわけです
[1:38:34] KExKE: 彼氏・彼女が楽しそうにしている、だが自分はその輪には入っていない
[1:38:39] Buu: ああ・・・
[1:39:08] KExKE: こういった状況の際にはSNSに毒されたカップルの反応は顕著に表れます
[1:40:53] KExKE: すぐに倦怠期に入るw
[1:40:59] Buu: SNSの焦燥によって生まれた空虚な関係ですか・・・
[1:41:15] Buu: うむう・・・
[1:42:58] KExKE: 以上のようなことからもSNSは悪影響を及ぼすのではないかと私は思います。情報共有であればメールで言い訳で・・・
[1:46:20] Buu: 最後の考え方が深くて、うんw 納得した
[1:46:58] KExKE: ということでそんなシステムあったらな~って、思ったわけですよ
[1:48:04] Buu: なかなか実装の方法が浮かびませんな まだまだ勉強不足だーーーー
[1:48:21] KExKE: アイディアを取っておこうb
[1:48:41] KExKE: 焦燥感を感じる例を一つ。
[1:49:13] KExKE: Buuが物理のテストで60点をとったとします。
[1:49:40] KExKE: A君がSNSで物理のテスト100点とったーーって言いました。
[1:49:59] KExKE: これが①です。
[1:50:51] KExKE: A君がSNSで物理のテスト100点とったーーでも、数学のテストは5点しか・・・っていいました。
[1:50:56] KExKE: これが②です。
[1:51:58] KExKE: ①の方では同じテスト結果でも物理の点数しか開示されていないために、Buuは焦燥感を感じます。
[1:52:40] KExKE: ②の方では確かに焦燥感は感じますが、数学という他のテストの情報からそれが緩和されます。
[1:53:27] KExKE: ①の方ばかりを見た人間は、周りの充実アピールに嫌気がさすわけです。
[1:53:39] Buu: はい
[1:54:56] KExKE: そーしゃるねっとわーくさーびすってこわい
[1:55:02] Buu: ああああ・・・
[1:55:32] Buu: もし、逆に5点のほうのみを書き込んでいた場合は・・・
[1:56:06] KExKE: その場合は見た方は気分がよくなり得意になるでしょう
[1:56:08] KExKE: が
[1:56:49] KExKE: 恐らく書き込んだ方は周りを安心させて自分だけおいしい思いをしようと考えているずるがしこい人間です。
[1:58:05] Buu: 裏の面が見え隠れしている・・・しかし周りは気づかない。黒い。
[1:58:22] KExKE: 一番立ち悪いねw
[1:58:53] KExKE: SNSに書き込む人間は以上の三パターンに分けられると思います
[1:59:15] Buu: ほう
[1:59:27] Buu: そうなりますね・・・
[2:00:16] KExKE: 一番周りに影響力があるのは①ですが、実際これをやっている人間は3パターンのうち最も愚かだということにお気づきになったでしょうか
[2:01:53] Buu: ある面では正、しかし突き詰めれば負の面の深さは相当なもの、というところでしょうかね・・・
[2:03:15] Buu: はぁ・・・今日もたいらーが、こもだドラゴンが早期進学余裕って書いたことについてぶつぶつ言ってたの思い出しましたぜ・・・・・・
[2:03:50] KExKE: ふたを開けてみればわかることねw
[2:04:04] Buu: なのかな・・・w
[2:04:23] KExKE: 相対評価すれば一目瞭然
[2:05:39] Buu: つまり、結局それを人間の感情を介さずに評価するには、つきつめて考えなくても
[2:05:49] Buu: 「相加平均」「相乗平均」など単純なアルゴリズムが昔から存在してることからでも
[2:05:58] Buu: わかっちゃいますし
[2:06:25] Buu: んー・・・
[2:06:37] KExKE: 先人はすごいですねw
[2:07:04] KExKE: そこまで考えてたかは知らんが適応範囲が広い
[2:08:04] Buu: ということで、数値型のデータ以外にも適用できる相乗平均的なアルゴリズムが必要なのですね・・・
[2:08:11] KExKE: そうです
[2:08:46] KExKE: それとバランスをはかるための調和平均も入れられると精度がますかと
[2:09:08] Buu: うむ
[2:10:15] KExKE: 最近のDの書き込みは顕著な例かと
[2:10:29] Buu: ああ。。。
[2:12:29] Buu: あの主張で他に比べたら優越感が得られることは確かでしょう、ってか彼は優越感を求める傾向が強いのですかね
[2:13:13] Buu: そこで今日ついてしまったあだなが「×××××」ですから・・・w まあどうでもいいけど
[2:13:47] KExKE: 人間分析おもしろいw
[2:15:23] Buu: 結局、そういう判断は人間に依存する。しかし、それでは偏りがあるのでコンピュータの無機質的な評価が必要。とは言っても感情とか行動とかそういう概念的なものを0と1のビット列に直すのはかなり難易度が高い。そこで量子コンピュータの展望とかが見えてくるわけなんですかね?
[2:15:42] KExKE: よくぞ!
[2:15:51] Buu: ほう!
[2:15:52] KExKE: わかってくれるか!!
[2:16:02] Buu: も、もちろん・・・!!
[2:16:57] KExKE: これらの技術を応用していってAIを完璧にしたい
[2:18:24] Buu: 感情をもたないAI、っていう発想。。。たぶん新しいね、その分野においては真逆にいくようなもの
[2:19:31] KExKE: 普段は自己投影としてネットワークに在中して、モデルと同じ思考をするんだけど
[2:20:16] KExKE: 無機的な判断が迫られた時にはそういった判断ができるAI
[2:22:17] Buu: ああ・・・それはすごいね。まだ量子コンピュータの可用性がそこまで理解できてるわけでもないんだけど、そういう実装も可能になってくるんかね・・・!
[2:22:46] KExKE: 古典力学と量子力学を併用する
[2:23:29] KExKE: そういうAIができればオリジナルが情緒不安定な状況下におかれ選択に迫られたとしても
[2:24:02] KExKE: 確率的にという判断でAIが可能性の高い方を模索してくれる
[2:24:26] KExKE: 癌宣告されたときとかね
[2:25:16] Buu: 運命、っていう言葉はもはや意味を持たない世界になってしまうね・・・
[2:26:03] KExKE: マクロの判断は人間にも出来るけど、ミクロの判断は人間にはできない
[2:26:10] KExKE: 計算量の面でね
[2:26:30] KExKE: マクロ=大衆、ミクロ=個人とすれば
[2:26:56] KExKE: 我々を分析することが出来るのは紛れもない
[2:27:26] KExKE: 多くの計算量をこなせるコンピュータなのではと思う
[2:30:15] Buu: PI は循環する、とかいう解がでてもおかしくないねw
[2:30:53] Buu: そんなん世界が覆されるようなレベルだけど
[2:31:40] KExKE: つまり哲学をコンピュータを使って解析するに至ったわけですw
[2:32:29] Buu: ドーナツの穴は「存在」か、「空白」か、と・・・w
[2:33:22] KExKE: 人間には判断できないけど、量子力学ならっていう一例だよね
[2:34:53] Buu: そうだね。結局、無の存在について概念も人間が説明しただけであって、確かなものって言えるわけじゃない・・・
[2:35:48] Buu: 「無」の「存在」とか言ってる時点で人間目線から見れば矛盾にしか見られないからな・・・
[2:36:53] KExKE: まぁ量子力学で解明できたと仮定しても、じゃあそんな量子力学を考えた人間は・・・
[2:37:06] KExKE: ってとこに戻ってきちゃうんだけどねw
[2:38:20] Buu: while(1){ }
[2:38:56] Buu: だなw
[2:39:04] KExKE: うん
[2:39:11] KExKE: だけど
[2:39:23] KExKE: それが一周できたとき
[2:39:56] KExKE: パラレルワールドの存在がわかる気がする
[2:40:16] KExKE: 4次元への拡張
[2:40:39] Buu: 無限ループの中の break; を呼び出せるのは、もう超越的な概念しかない、と
[2:41:30] KExKE: 別のソースからの呼び出し
[2:42:40] Buu: もしくはデバッガで実行中のバイナリにInjectionするようなもんかw
[2:43:02] KExKE: そんな感じかな
[2:43:02] Buu: むずいな・・・
[2:43:46] KExKE: それがミクロで解明されてマクロに帰着した時が楽しみでしょうがない
[2:44:43] Buu: 研究しましょう
[2:45:18] KExKE: アイディアは無限に思い浮かぶんだけど知識がないから
[2:45:41] KExKE: 研究できるところまで知識を蓄えなきゃb
[2:47:02] Buu: その知識を用いて実験して、知識を裏打ちできればもうなにも怖くない
[2:47:44] Buu: そしたら今度は知識を造る側になってください
[2:48:29] KExKE: これが解明できれば実質神という意味だよねw
[2:49:23] Buu: だねーっw
[2:49:46] Buu: トランジスタ以来の発明になるね
[2:50:44] Buu: トランジスタの発明なんて神みたいなもんだ・・・
[2:50:57] KExKE: うm
[2:51:35] KExKE: 存在の有無を決定づける理を知っているという意味での神かな
[2:53:11] Buu: 神か・・・なんか、こんなこと考えてると星新一氏の作品がいろいろ思い浮かぶなあ・・・w
[2:54:06] KExKE: 絵を描いている私を描く・・・
[2:54:19] KExKE: 深いね;・・
[2:54:46] KExKE: そろそろ寝るねb
[2:55:06] Buu: うんwまさかのこんな時間とはw
[2:55:23] Buu: おやすみにゃん!
[2:55:52] KExKE: おやすみ~

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。